岐阜・金津園のソープランド一覧

一押し!優良店舗

    金津園のソープ歴史

    昭和初期、当時の岐阜駅の南口にあった紡績工場跡地に一斉移転。 移転時業者は60軒もあり、場所取りはなんと、「くじ引き」で決められたと言われます。 当時、1軒あたりの広さは63坪にきっちりとわけられており、各店の敷地面積がほぼ同じなのはこの名残である。 その後【赤線】を経て、ソープランド街となったのである。

    お店情報一覧