岐阜県加納水野町・俗称:金津園(かなづえん)のソープランド

金津園の歴史は古く、明治の中期に開かれた金津遊郭が始まりとされる。 ここ金津園でも、ソープ店ごとに高級店、大衆店、格安店とランク分けされており、 それぞれ入浴料や泡姫(ソープ嬢)、サービス等の質の違いで分類されています。 「金津園よい風呂」では、入浴料から特選ソープ嬢やお得な割引情報まで分かりやすく掲載!! 岐阜に来たら、「よい風呂案内所」でお気に入りのソープ店を探して下さい。

一押し!優良店舗

    金津園のソープ歴史

    昭和初期、当時の岐阜駅の南口にあった紡績工場跡地に一斉移転。 移転時業者は60軒もあり、場所取りはなんと、「くじ引き」で決められたと言われます。 当時、1軒あたりの広さは63坪にきっちりとわけられており、各店の敷地面積がほぼ同じなのはこの名残である。 その後【赤線】を経て、ソープランド街となったのである。

    お店情報一覧